早く不動産を売りたいなら不動産買取
宅地建物取引業 佐賀県知事(11)1133号

Speedy 【早く売る】不動産買取

【早く売る】不動産買取

  • トップ>
  • 目的別売却メニュー:【早く売る】不動産買取

スピーディーに不動産を
売却するなら不動産買取

金額よりもスピード重視。少しでも早く不動産を売却したいとお考えの方におすすめなのが不動産買取です。
現金を今すぐ欲しい、住み替えをスムーズに行いたいといったご要望にお応えしますので、ぜひご相談ください。
こちらでは、佐賀の不動産会社ミヤタタッケンが不動産買取の基礎知識についてご紹介します。

こんなときは不動産買取がおすすめ

  • できるだけ早く不動産を現金化したい
  • 特定のタイミングまでに売却を終わらせなくてはならない
  • 仲介手数料などを支払うのを避けたい
  • 家の売却を周りの人に知られたくない
  • 通常の売却が難しいワケあり物件を売りたい

こうした事情がある方は、ぜひ不動産買取をご検討ください。スムーズでスピーディーな売却を実現できるので、お客様のご都合に合わせた不動産売却を進められます。

不動産買取の仕組み

一般的に用いられている不動産売却手法である仲介売却は、不動産会社が販売活動を通じて買い手を見つけるなど、売却のサポートを行うのが基本です。一方、不動産買取とは初めから不動産会社が物件を買い取ること前提で話が進みます。

不動産会社が物件を買い取れば、買い手を見つける期間が不要になるため、スピーディーな売却が実現できます。ただし、不動産会社は買い取った物件をその後リフォームをしたり、広告費をかけたりして再販します。その分の経費を踏まえて、市場相場よりは低い売却価格となってしまいます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  仲介売却 不動産買取
購入者 主に個人のお客様 不動産会社
売却期間 買主を募る期間があるため、完了までに時間がかかる 不動産会社の直接買取となるため、早期売却が実現する
売却価格 市場相場に近い価格での売却に期待が持てる 仲介に比べて、売却価格が安くなる

>>不動産買取と仲介の違いをもっと詳しく

このように、「早く売りたい」と「高く売りたい」のどちらに比重を置くかが、不動産売却手法を選ぶ上でのポイントになります。

不動産買取のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 仲介手数料がかからない
  • 早期現金化により、スケジュールが立てやすい
  • 契約不適合責任が免責となる
  • 内覧対応などをしなくてよい
  • 幅広い種類の不動産を買い取ってもらえる
  • 近隣の人に売却を知られなくて済む
デメリット
  • 仲介売却に比べると売却価格が少なくなる
  • すべての物件を必ず買い取ってくれるわけではない

不動産買取のメリットの多くは、短期間によるものがほとんどです。しかし、上記でご紹介しているとおり、契約不適合責任(売却後に瑕疵が見つかった場合の補償等に関する取り決め)が免責になったり、内覧対応の手間が不要だったりといった、そのほかのメリットも少なくありません。

とくに、仲介手数料が不要となる点は大きなポイントでしょう。仲介売却で不動産を売った場合には、その成功報酬として不動産会社へ少なくない額の仲介手数料支払い義務が発生します。しかし、不動産買取は不動産会社が直接の買主であり、仲介業務が発生しないため、仲介手数料もかからないのです。

PICK UP!ピックアップ

買取保障制度の利用で“いいとこ取り”の不動産売却

買取保障制度の利用で“いいとこ取り”の不動産売却

「不動産の売却にタイムリミットがあるけれども、仲介を使って高額売却にも挑戦したい」

こうしたご要望をお持ちの方には、買取保障制度の利用がおすすめです。これは、不動産買取と仲介売却を組み合わせた手法で、それぞれの“いいとこ取り”をしたような設計が特徴です。

はじめに、売却依頼を受けた物件を不動産会社が市場へと売り込みます。この時点では、仲介売却と手法は何ら変わりません。しかし、事前に決めたタイミングまで物件が売れなかった場合には、物件を不動産会社が直接買い取ります。

このように、買取保障制度は活用次第で非常に大きなメリットを受け取れる方法です。当社でも対応しておりますので、ぜひご相談ください。