戸建て物件を売却する際のポイント・注意点について
宅地建物取引業 佐賀県知事(11)1133号

house 【戸建てを売る】戸建て売却

【戸建てを売る】戸建て売却

  • トップ>
  • 物件別売却メニュー:【戸建てを売る】戸建て売却

戸建て物件を売る際のポイント

戸建て物件の売却をご検討中の方は、佐賀の不動産会社ミヤタタッケンまでご相談ください。
戸建て物件ならではの問題点や売却方法についてご提案を差し上げます。こちらでは、戸建て物件を売る際のコツや注意点、全体的な流れをご紹介します。

戸建てに関してこんなお悩みありませんか?

  • 売却をしたいが、土地の境界線など権利問題があいまいで困っている
  • 見た目だけでは分からない建物の問題を調べておきたい
  • 築古物件の効果的な売却方法を教えてほしい

マンションなどと異なり、戸建て物件は土地の問題や建物の劣化といった点が売却のネックになるケースが少なくありません。また、築年数が古ければ、それに応じた売却方法を選ぶのが大切です。

POINT戸建て売却のコツ

POINT1
土地の権利と境界線の明確化
戸建てならではの注意点としては、土地の権利関係と境界の明確化が挙げられます。「土地測量図」や「境界線確認書」といった書類があれば、事前に用意をしておきましょう。土地の範囲があいまいだと、売却後のトラブルにもつながります。この場合は、隣接地の土地所有者と協議の上、測量図を作成しましょう。
POINT2
雨漏り・
シロアリ被害などの劣化
戸建て物件は外壁や内装のチェックが重要です。とくに築年数が経った建物には劣化が起こりやすく、換気や結露対策、廃水・建物周りの草木の手入れなどをすることで、状態を保てます。とくに注意したいのがシロアリ被害や雨漏りです。生活をしているだけでは気付きにくい部分でもあるため、気になる場合は専門業者に調査などを依頼しましょう。
POINT3
契約不適合責任
不動産売却の際には、事前に建物の欠陥や不具合を互いに確認し、その上で売買契約を結びます。しかし、売却後に売主様が知らない欠陥や不具合が見つかるケースは少なくありません。このとき重要となるのが契約不適合責任です。これは、売買契約書に書かれた任意契約であり、「隠れた欠陥・不具合については売主が責任を負う」といった内容が記されています。売却後のトラブルを避けるためにも、必ず内容を把握しておきましょう。
POINT4
リフォーム履歴の書類
戸建てをリフォームした経緯があるなら、住宅履歴が記された書類を用意しておきましょう。特に中古物件の場合は、過去のオーナーがリフォームを行った可能性もあります。履歴をたどったり、保管場所が別にあるなら取り寄せたりして、書類を取りまとめてください。
POINT5
築年数に合わせた売却方法
国土交通省の調べによると、戸建て物件は築20年程度で、建物の価値がほぼゼロになる、とされています。そのため、築古の戸建てを売るのであれば、あえてリフォームなどはせずに、価格を大幅に下げて売り出す、といった方法もおすすめです。もしくは、建物を解体し更地にしてから売るほうが、買い手が付きやすくなるケースもあります。
POINT6
住み替えはスケジュール資金が重要
住み替えに際して、新居を先に買うか、現居を先に売るかで悩む方もいらっしゃるでしょう。それぞれが同時に進むのが理想ですが、そうそううまく事は運びません。一般的には、売却を優先し、資金に余裕がある状態で新居を購入するケースが多くなります。新居を先に購入してからの売却になると、売り急いで安く現居を手放す可能性もあるからです。とは言え、それぞれに事情は異なりますので、タイミングと予算を踏まえながら適切な計画を練り上げましょう、

戸建て物件を売却する際の注意点

売れないときは原因をチェックする

売れないときは原因をチェックする

販売活動を開始するも、なかなか買主様が現れないような場合は、何が原因かを考えてみましょう。そもそもその物件に需要があるのか、何かしらの問題が発生していないか等です。さらに、不動産会社の対応や、売り出し価格が適正なのかも見返してみてください。とくに、不動産会社とは小まめに連絡を取りながら、売主様が主体となって売却を進めるのが大切です。

売却を急ぐなら不動産買い取り

売却を急ぐなら不動産買い取り

新居への引っ越しや転勤のスケジュール、もしくは金銭的な問題で売却を焦っているようなら、不動産買い取りを検討するのもおすすめです。不動産会社が直接物件を買い取ってくれるので、販売活動期間が不要。早期かつ好きなタイミングで不動産を現金化できます。ただし、売却価格は仲介売却に比べて安くなる点は留意しておきましょう。

机上査定だけでは本当の価値は分からない

机上査定だけでは本当の価値は分からない

不動産の査定方法には、直接スタッフが物件を見て調査をする訪問査定と、不動産のデータだけで査定額を算出する机上査定の2つがあります。このうち、机上査定はあくまでも目安ですから、実際の売却額とかけ離れてしまう可能性も。信頼性を考えるのであれば、訪問査定を依頼し、査定の詳細を提出してもらいましょう。

売却のタイミングを見計らう

売却のタイミングを見計らう

不動産の相場は、需要と共有によって上下します。そのため、新生活に向けた2~4月、もしくは9月の引っ越しシーズンは、物件を高く売るチャンスです。とくに急ぎではないのなら、数カ月待ってから販売活動をはじめとよいでしょう。

FLOW戸建て売却の流れ

step1
相場の調査と査定
step2
不動産会社の選定と契約
step3
売り出し価格の決定
step4
販売活動
step5
買い主と不動産売買契約の締結
step6
精算・
引き渡し

戸建てであれマンションであれ、基本的な売却の流れは変わりません。事前に準備を行い、不動産会社に査定を依頼。複数社に頼んだ場合は、その中から信頼できる会社を選定して契約を結びます。その後、打ち合わせを重ねて売り出し価格を決定。販売活動を開始し、買主様が見つかったら交渉を実施して、双方合意に至れば不動産売買契約を結びます。最後に精算と引き渡しをして、売却完了です。